読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

推しがいなくなって、そして戻ってきた話

前回のブログで推しがいなくなるかもしれない、と書いたあとのお話



やはり推しはいなくなってしまった

3月1日の昼12時を回ったところで

所属していたグループのプロフィールも

映像からも忽然と消えてしまった。


祈るように携帯を開いたけれど、幽かな望みを示す結果は何もなかった。


彼の存在を隠すように、他のメンバープロフィールの順番まで変えて。


心のどこかで覚悟していたものの

現実をなにも考えたくなかった

この日の記憶は拡輝のことしかない


流石に動画映像の編集には限界があるようで

姿形は映ってはいるものの

彼が前に出て話していた言葉はバッサリと消え

あまりに突然、そして容赦なく

アイドルだった彼は消えてしまった

ありがとうをいう時間もなく


もっと言うなら

彼がいなくなった事を所属事務所から公式に

私たちは知らされていない


いつも思うけど

オタクの予感と観察力、推察力はすごい。


気付き、調べ、確定するのだ。


しかし完璧なオタク以上に彼の最後は完璧だったと わたしはそう思っている。


過去に見てきた人たちは

事務所を去ったと分かった後も

それまでに収録された分の雑誌やテレビ番組には映っていた。


ところが、彼は一切出てこない。

むしろ、プロフィールからいなくなった3月1日の1週間前に発売された雑誌から、彼はどこにもいなくなってしまった。


それでおかしい、と思い始めた位だった


なんて潔く飛び立ってしまったんだろう


グループが大好きで

大切だった彼が全てを置いて飛び立った覚悟を私は知らない


いつか話してくれるだろうか

それは聞いてもいいのだろうか



ねぇ、拡輝。

舞台の上で踊る拡輝が大好きだったよ。

演じる拡輝は本当にキラキラしていたよ


わたしはあなたに

そんなことも伝えられなかった。

もうあのグループに拡輝はいない。



そして

この話には続きがある。


いなくなってからちょうど1ヵ月

拡輝はヒロキになって私たちの前に現れた


顔だししないけど

拡輝だって全力で教えてくれてありがとう(笑)



涙が出た


でもわたしは正直まだ戸惑っている

アイドルじゃないヒロキをわたしは知らないからだ。


アイドルの拡輝しか知らなくて

アイドルの拡輝を好きになったわたしは

また同じようにヒロキを好きになるのかな


色々考えてみたけど

結果なんて今は誰にも分からない

すべてにおいて絶対なんていう確証はないのだ



だからこそヒロキの本気、目の当たりにしたい

会いに行けるだろうか。


拡輝、今までありがとう

好きになったのは本当に最近だったんだけど

あなたの周りにはハッピーしかなかったよ


そしてヒロキくん

これからよろしくお願いします。



日本の片隅からあなたの新米ファンより